バッチ処理を使い、クラウドで参照データと比較してアドレスを解析 - 7.2

Address standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント

このシナリオは、Talend Data Management Platform、Talend Big Data Platform、Talend Real Time Big Data Platform、Talend Data Services Platform、Talend MDM PlatformおよびTalend Data Fabricにのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオのジョブでは、以下のコンポーネントを使用しています:

  • tFixedFlowInputコンポーネント。分析対象のアドレスデータを生成します。

  • tBatchAddressRowCloudコンポーネント。アドレス検証APIを使用してクラウドのアドレスを解析、標準化、フォーマットします。

  • tFileOutputExcelコンポーネントは、.xlsファイルに正しくフォーマットされたアドレスを出力します。

tBatchAddressRowCloudを使用するには、インターネット接続が必要です。