スキーマの設定およびアドレスプロバイダーの選択 - 7.2

Address standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント

手順

  1. tBatchAddressRowCloudコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開いてコンポーネントプロパティを定義します。
  2. 必要な場合は、[Sync columns] (カラムを同期)タブをクリックし、入力コンポーネントで定義されているスキーマを取得します。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)ボタンをクリックして、スキーマダイアログボックスを開きます。
    tBatchAddressRowCloudにより、以下のキャプチャーに示されるように、いくつかの定義済みの読み取り専用のアドレスカラムが推奨されます。
    STATUS カラムは、処理中の入力アドレスのステータスを返します。プロセステータスの詳細は、tLoqateAddressRowのプロセスステータスを参照してください。
    AddressVerificationCodeカラムは、処理されたアドレスの検証コードを返します。このコードを構成する値、各セグメントの意味の詳細は、tLoqateAddressRowのアドレス検証コードを参照してください。
    VerificationLevel出力カラムは、処理されたアドレスの検証ステータスを表示します。詳細は、tAddressRowCloudのアドレス検証レベルを参照してください。
  4. 入力カラムのいずれかを出力スキーマに移動する検証結果に表示する場合は、[OK]をクリックして変更の伝播を受け入れます。
    また、出力スキーマにカラムを直接追加して、プロバイダーリポジトリーから追加のアドレス情報を取得することもできます。
  5. 入力アドレスの検証とフォーマットの実行対象にする参照データのプロバイダーを[Address Provider] (アドレスプロバイダー)リストから選択してください。この例では、Loqateです。
    MelissaDataオンラインサービスでアドレスを検証することもできます。
  6. [License/API key] (ライセンス/APIキー)フィールドに、Loqateから提供されたライセンスキーを入力します。
  7. [Batch job name] (バッチジョブ名)フィールドに、Loqateサーバーで生成され保存されるバッチファイルに付ける名前を引用符で囲んで入力します。
    各バッチファイルでグルーピングするアドレスレコードの数を[Number of rows in each batch file] (各バッチファイルの行数)フィールドに設定します。
  8. Loqateによって提供されるログインとパスワードを[Loqate website login] (Loqate Webサイトのログイン)および[Loqate website password] (Loqate Webサイトのパスワード)にそれぞれ入力します。
  9. [Processing Mode] (処理モード)リストから以下を選択します。

    オプション

    内容...

    [Verify and Geocode] (検証とジオコード) (デフォルトで選択済み)

    アドレスを標準化して修正し、緯度と経度を追加します。

    アドレス検証とジオコードを組み合わせると、クレジットが余分に発生します。詳細は、「Cloud Price Card」を参照してください。

    [Verify only] (検証のみ)

    アドレスを標準化して修正しますが、緯度と経度は追加しません。