tRedshiftBulkExec - 7.2

Amazon Redshift

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift
データガバナンス > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift

Amazon S3、Amazon EMRクラスター、Amazon DynamoDB、またはリモートホストからAmazon Redshiftにデータをロードします。

コンポーネントtRedshiftOutputBulkおよびtRedshiftBulkExecを2ステップのプロセスで一緒に使用して、データをAmazon S3の区切り記号付き/CSVファイルからAmazon Redshiftにロードできます。最初のステップで、区切り記号付き/CSVファイルが生成されます。2番目のステップでは、Amazon Redshiftをフィードするために使用するINSERTステートメント内で、このファイルを使用します。これら2つのステップは、tRedshiftOutputBulkExecコンポーネント内で融合しています。2つの別々のステップを使用する利点は、Amazon Redshiftにロードする前にデータを変換できることです。

tRedshiftBulkExecは、Amazon DynamoDBテーブルから、または、Amazon S3バケット、Amazon EMRクラスター、またはSSH接続を使用してアクセスするリモートホストにあるデータファイルから、Amazon Redshiftテーブルにデータをロードします。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。