データをRedshiftに書き込む - 7.2

Amazon Redshift

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift
データガバナンス > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift

手順

  1. tRedshiftOutputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにして、tRedshiftConnection用に設定済みの接続を[Component List] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストから選択します。
  3. [Table] (テーブル)フィールドに、データを書き込むテーブルを入力するか、またはそこに移動します(このシナリオではredshiftexample)。
  4. [Action on table] (テーブルへのアクション)ドロップダウンリストから[Drop table if exists and create] (テーブルがある場合はテーブルをドロップして作成します)を選択し、[Action on data] (データへのアクション)ドロップダウンリストから[Insert] (挿入)を選択します。
  5. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、前のコンポーネントtFixedFlowInputからスキーマを取得します。