アンロードされたファイルをAmazon S3に取得する - 7.2

Amazon Redshift

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift
データガバナンス > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift

手順

  1. tS3Listコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Access Key] (アクセスキー)フィールドと[Secret Key] (シークレットキー)フィールドにそれぞれ対応するコンテキスト変数を入力します。
  3. [Region] (リージョン)リストから、アンロードファイルが作成されたAWSリージョンを選択します。このサンプルでは、US Standardです。
  4. [List all buckets objects] (すべてのバケットオブジェクトを表示)チェックボックスをオフにして、表示されたテーブルの下にある[+]ボタンをクリックし、1行を追加します。
    作成したアンロードファイルを入れるバケットの名前を[Bucket name] (バケット名)カラムに入力します。このサンプルでは、コンテキスト変数context.s3_bucketです。
    [Key prefix] (キープレフィックス)カラムにアンロードファイルのプレフィックス名を入力します。このサンプルでは、person_unload_です。
  5. tS3Getコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Access Key] (アクセスキー)フィールドと[Secret Key] (シークレットキー)フィールドにそれぞれ対応するコンテキスト変数を入力します。
  7. [Region] (リージョン)リストから、アンロードファイルが作成されたAWSリージョンを選択します。このサンプルでは、US Standardです。
  8. 作成したアンロードファイルを入れるバケットの名前を[Bucket name] (バケット名)カラムに入力します。このサンプルでは、コンテキスト変数context.s3_bucketです。
    [Key] (キー)フィールドにアンロードファイルの名前を入力します。[Ctrl] + [Space]を押して、リストからグローバル変数selecting ((String)globalMap.get("tS3List_1_CURRENT_KEY"))を選択してください。
  9. [File] (ファイル)フィールドに、アンロードファイルが保存されているローカルパスを入力します。この例では、"E:/Redshift/" + ((String)globalMap.get("tS3List_1_CURRENT_KEY"))です。