ジョブを保存して実行 - 7.2

Amazon Redshift

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift
データガバナンス > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Amazonサービス > Amazon Redshift

手順

  1. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。
  2. [F6]キーを押すか、[Run] (実行)タブの[Run] (実行)をクリックしてジョブを実行します。
    上に示すように、生成されたデータはローカルファイルredshift_bulk.txtに書き込まれ、ファイルはperson_loadという新しい名前でS3にアップロードされ、データはS3上のファイルからRedshift内のテーブルpersonにロードされ、コンソールに表示されます。その後、データはRedshiftクラスターのスライスごとにRedshift内のテーブルpersonからS3上のperson_unload_0000_part_00およびperson_unload_0001_part_00という2つのファイルにアンロードされます。最後に、S3上のアンロードされたファイルがリスト表示され、ローカルフォルダー内に取得されます。