Azureテーブルストレージでデータを処理するジョブを作成する - 7.2

Azure Storage Table

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure Storage Tableコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure Storage Tableコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Azure > Azure Storage Tableコンポーネント

Azure Storageアカウントに接続し、従業員データをAzure Storageテーブルに書き込んでから、その情報をテーブルから取得してコンソールに表示するジョブを作成します。

手順

  1. 新しいジョブを作成し、デザインワークスペースに名前を入力するか、[Palette] (パレット)からドロップして、tAzureStorageConnectionコンポーネント、tFixedFlowInputコンポーネント、tAzureStorageOutputTableコンポーネント、tAzureStorageInputTableコンポーネント、 およびtLogRowコンポーネントを追加します。
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、tFixedFlowInputコンポーネントをtAzureStorageOutputTableコンポーネントにリンクします。
  3. 同じようにして、tAzureStorageInputTableコンポーネントをtLogRowコンポーネントにリンクします。
  4. [Trigger] (トリガー) > OnSubjobOk接続を使って、tAzureStorageConnectionコンポーネントをtFixedFlowInputコンポーネントにリンクします。
  5. 同じようにして、tFixedFlowInputコンポーネントをtAzureStorageInputTableコンポーネントにリンクします。