tBRMS標準プロパティ - 7.2

Business rules

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtBRMSを設定するために使います。

Standard tBRMSコンポーネントは変換処理ファミリーのコンポーネントです。

このコンポーネントは、Talend Data Management PlatformTalend Big Data PlatformTalend Real Time Big Data PlatformTalend Data Services PlatformTalend MDM PlatformおよびTalend Data Fabricで使用できます。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれかで次の設定を行います

 

[Built-In] (組み込み): プロパティデータは一元的に保存されません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティが保管されているリポジトリーファイルを選択します。次のフィールドは、取得したデータを使用して自動的に完了されます。

Schema (スキーマ)およびEdit schema (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは[Built-in] (組み込み)か、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保存されます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

 

[Built-in] (組み込み): 現在のコンポーネントのみのスキーマを作成して、ローカルに保管します。関連項目:『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは既に存在し、リポジトリーに保管されているため、さまざまなプロジェクトやジョブフローチャートで再利用できます。関連項目: 『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

[XML Field] (XMLフィールド)

出力ファイルに書き込むデータのXMLフィールドを選択します。

[Choose rule module] (ルールモジュールの選択)

リストから選択します:

- [Use latest deployment from Drools workbench] (Drools Workbenchから最新のデプロイを使用): ジョブを初めて実行する時は、常にこのオプションを選択してください。ジョブは、Droolsリポジトリー上のルールの最新の展開を使います。その間にルールが変更された場合、ジョブの結果は異なります。

- [Use local rules] (ローカルルールを使用): このオプションを使って、以前にリポジトリーからStudioのルートフォルダー(/studio_path/Drools/ < project_name>)にインポートしたローカルルールでジョブを実行します。これはDroolsワークベンチから参照する最新のパッケージです。つまり、ルールを変更してリポジトリーにデプロイした場合でも、ジョブの結果は変わりません。

初めてジョブを実行する時は、このオプションを使わないでください。

以下のフィールドは、選択内容によって異なります。

[Drools Workbench Connection] (Drools Workbenchの接続)

[Choose distribution] (ディストリビューションを選択)リストからDroolsディストリビューションを選択します。
  • Redhat BRMS 6.2
  • JBoss BRMS 6.2
  • Redhat Decision Manager 7.3

以前のバージョンのTalend Studioから、非推奨のTalend BRMSへの接続とTAC認証を使うジョブをインポートすることもできます。

[Drools Workbench URL] (Drools WorkbenchのURL)

ビジネスルールリポジトリーのアドレスを入力します。

Username (ユーザー名)Password (パスワード)

目的のDrools Workbenchへの接続に使う認証情報を入力します。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Module list] (モジュールリスト)

フィールドの横にある[...]ボタンをクリックして、Drools Workbenchのjarのリストを開きます。

[Maven Deployment Path] (Mavenデプロイパス)

Drools WorkbenchからJarファイルを選択すると、このフィールドは自動的に入力されます。

クラス名

Jarファイルを選択すると、このフィールドには、ビジネスルールがJarファイルに保管されているクラスの名前が自動的に入力されます。

[Drools flow ID] (DroolsフローID) (オプション)

Droolsフローは、一連のビジネスルールが実行される順序を記述します。そのフローIDは、Droolsフローを作成する時に手動で定義されます。

定義された実行順序を使うためにtBRMSを介して特定のDroolsフローを呼び出す必要がある場合は、このフィールドに対応するフローIDを入力します。

Droolsフローの詳細は、関連するDroolsのマニュアルを参照してください。

Advanced settings (詳細設定)

Configure XML Tree (XMLツリーの設定)

[...]をクリックして、ソーススキーマをXML出力スキーマにマッピングします。

[Group by] (グループ化)

ツールバーを使ってカラムの順序を変更します。

[Advanced separator] (高度な区切り記号)

数値に使う区切り記号を変更するには、このチェックボックスをオンにします。

[Encoding] (エンコーディング)

一覧からエンコードの種類を選択するか、[Custom] (カスタム)を選択して手動で定義します。このフィールドは、DBデータ処理で必須です。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

NB_LINE: 入力コンポーネントによって読み取られた行の数、または出力コンポーネントに転送された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントはデータフローを処理します。したがって、入力および出力コンポーネントを必要とします。

制限事項

[Class name] (クラス名)フィールドの値が同じであるサブジョブでtBRMSコンポーネントを使う場合は、tRunJobコンポーネントの設定で[Use an independent process to run subJob] (サブジョブを独立したプロセスで実行)チェックボックスをオンにして、ジョブを正しく実行できるようにします。

tRunJobコンポーネントの詳細は、tRunJobを参照してください。

tRunJobコンポーネントの詳細は、Talend Help Center (https://help.talend.com)でドキュメンテーションを参照してください。