tMapコンポーネントの設定 - 7.2

Business rules

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント

手順

  1. tMapをダブルクリックして[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
  2. マップエディターの右下にある[+]ボタンをクリックし、次の8つのカラムを追加します: ageannualRevenueloanDepositloanAmountnumberOfYearsloanInterestmonthlyPaymentrejected
    これらのカラムは、マップエディターの右側にある類義語テーブルに表示されます。この例では、テーブルはrow1です。
  3. マップエディターの左上(入力フロー)でageカラムとannualRevenueカラムを選択し、それぞれをマップエディターの右上 (出力フロー)にあるageカラムとannualRevenueカラムにドロップします。
    または、[Auto map!] (自動マップ)をクリックして、同じ名前のカラムを自動的にマッピングします。
  4. row1テーブルでloanDeposit行の[Expression] (式)カラムをクリックしてカーソルを見つけ、[...]ボタンをクリックして[Expression Builder] (式ビルダー) ダイアログボックスを開きます。
    次の式を入力してローン/預金を計算します。
    Math.round(((loanAsk.downPayment  / loanAsk.totalAmount)*100)) 
    [OK]をクリックして[Expression Builder] (式ビルダー)ダイアログボックスを閉じます。
    これで、受信データフローの downPaymentおよびtotalAmountフィールドが出力カラムLoanDepositに連結されます。
  5. カーソルを見つけるには、loanAmount行の[Expression] (式)カラムをクリックします。
    次の式を入力してローンの金額を計算します。
    loanAsk.totalAmount - loanAsk.downPayment
  6. カーソルを見つけるには、loanAmount行の[Expression] (式)カラムをクリックします。
    loanAsk.durationと入力して、入力フローのduration行を出力カラムのnumberOfYears行に連結します。
  7. loanInterest行とmonthlyPayment行のそれぞれの[Expression] (式)カラムに、0.0と入力します。
  8. rejected行の[Expression] (式)カラムにfalseと入力します。
  9. [OK]をクリックして、マップエディターを閉じます。