tRules標準プロパティ - 7.2

Business rules

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtRulesを設定するために使います。

Standard tRulesコンポーネントは変換処理ファミリーのコンポーネントです。

このフレームワークのコンポーネントは、すべてのサブスクリプションベースのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-In] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれか。

[Built-In] (組み込み): プロパティデータは一元的に保存されません。

[Repository] (リポジトリー): プロパティを保存するリポジトリーファイルを選択します。

後続するフィールドは、取得されたデータを使用して事前に入力されます。

詳細は、ビジネスルールの使用法を参照してください。

[DRL/XLS FILE] (DRL/XLSファイル)

[Built-in] (組み込み)が選択されている場合に利用できます。

ジョブで使うビジネスルールを保持するDroolsまたはExcelファイルを参照します。

Talend Studio 内から、外部ファイルに保存されているビジネスルールを使ったり、DRL形式のビジネスルールを作成したりできます。このコンポーネントのシナリオ例は、2つのケースを表しています。

[Output] (出力)

出力データで使うビジネスルールを設定します。

[Schema] (スキーマ): 出力スキーマを作成/選択します。

[Rule] (ルール): 対応する出力スキーマで使うビジネスルールを作成/選択します。

注:

ルールファイルのコードのインポートフィールドは、現在のプロジェクト名に対応している必要があります。

ビジネスルールの作成の詳細は、次のサイトのDroolsのドキュメントを参照してください: http://www.jboss.org/drools/documentation.htmlhttp://www.jboss.org/drools/documentation.html

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

NB_LINE: 入力コンポーネントによって読み取られた行の数、または出力コンポーネントに転送された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは通常、中間コンポーネントとして使用されます。入力コンポーネントと出力コンポーネントが必要です。