ルールを選択する - 7.2

Business rules

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > ビジネスルールコンポーネント

手順

  1. [Rule] (ルール)カラムの最初の行をクリックして、[...]ボタンを表示します。ボタンをクリックして[Rule] (ルール)ダイアログボックスを開きます。

    [Property Type] (プロパティタイプ)ドロップダウンリストから[Built-In] (組み込み)を選択すると、次のダイアログボックスが表示されます。

    [Property Type] (プロパティタイプ)ドロップダウンリストから[次のダイアログボックス] (リポジトリー)を選択すると、次のダイアログボックスが表示されます。

  2. Select the [Select a rule from file] (ファイルからルールを選択)オプションか[Select a rule from file] (リポジトリーからルールを選択)オプションを接続します。
  3. [Rule] (ルール)リストで、最初の出力スキーマRuleAGEに適用するルールを選択し、[OK]をクリックします。
    選択したルールが[Rules] (ルール)カラムに表示されます。

    選択したルールが[Rules] (ルール)カラムに表示されます。

    この例では、最初の出力スキーマにRuleAGEを適用し、2番目の出力スキーマにRuleREGIONを適用します。

  4. 同じようにして、2番目の出力スキーマのルールRuleREGIONを選択し、[OK]をクリックします。
  5. デザインワークスペースで各tLogRowコンポーネントをダブルクリックして、プロパティを定義します。詳細は、tLogRowを参照してください。
  6. ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。

タスクの結果

[Run] (実行)コンソールに2つの出力フローが表示されます。最初の出力フローには、年齢が3039の間のすべての顧客がリスト表示され、2番目の出力フローには、EMEAリージョンに住んでいるすべての顧客がリスト表示されます。