ベストプラクティス: Spark in Big Dataによるチェンジデータキャプチャー - 7.2

Change Data Capture

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更

データドリブンの世界では、データにリアルタイムでアクセスできる企業は、そうでない競合他社に対して大きな利点を持ちます。ITがリアルタイムデータを提供することを妨げるものの1つは、レガシーシステムからデータを抽出して分析システムにロードするのにかかる時間です。

そのため、毎回これらのシステムにすべてのデータをロードすることは、コンピューティングリソースの効率的な使用とは言えず、ユーザーにデータを届けるのにも時間がかかります。これこそ、チェンジデータキャプチャー(CDC)がデータをターゲットシステムに迅速に統合する上で重要な役割を果たすポイントです。