接続およびサブスクライバーの作成 - 7.2

Change Data Capture

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューおよび[Metadata] (メタデータ)の下に、このシナリオの[CDC_connection]にCDC専用のデータベースの接続を作成します。
    注:

    CDCのデータベース接続が、変更を取得するソースデータと同じサーバーにあることを確認します。

  2. [Repository] (リポジトリー)ツリービューと [Metadata] (メタデータ)で、ソースデータウェアハウス、このシナリオでは[CRM_connection]の接続を作成し、取得するテーブルを特定します。
  3. [CRM]接続を右クリックし、ドロップダウンメニューから[Retrieve schema] (スキーマの取得)を選択して、取得するテーブルのスキーマを取得します。
  4. [CRM][CDC Foundation]を右クリックし、ドロップダウンメニューから[Create CDC] (CDCを作成)を選択します。
    [Create Change Data Capture] (変更データキャプチャの作成)ダイアログボックスが表示されます。
  5. [Set Link Connection] (リンク接続を設定)フィールドで、[CDC_connection]を選択します。
  6. [Create Subscriber] (サブスクライバの作成)をクリックします。[Create Subscriber and Execute SQL Script] (サブスクライバーの作成およびSQLスクリプトの実行)ダイアログボックスが表示されます。
  7. [Execute] (実行)をクリックして[Close] (閉じる)をクリックします。
  8. [Finish] (完了)をクリックして、サブスクライバーテーブルの作成を検証します。
    [CDC Foundation]フォルダーに、関連するサブスクライバーテーブルが表示されます。