サブスクライバーがサブスクライブするテーブルの指定およびサブスクリプションの有効化 - 7.2

Change Data Capture

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更

手順

  1. ソースCRMで[Leafact]スキーマを右クリックし、ドロップダウンリストで[Add CDC] (CDCの追加)を選択します。[Create Subscriber and Execute SQL Script] (サブスクライバーの作成およびSQLスクリプトの実行)ダイアログボックスが表示されます。
  2. [Events to catch] (取得するするベント)チェックボックスで、[Insert] (挿入)[Update] (更新)[Delete] (削除)を選択して、挿入、更新、または削除されたデータを取得します。
  3. [Subscriber Name] (サブスクライバー名)フィールドに変更にアクセスするサブスクライバーの名前、このシナリオでは、マーケティング部門Sub_Mktgを入力します。
  4. [Execute] (実行)をクリックし、[Close] (閉じる)を選択してサブスクリプションを検証します。
    [CDC Foundation]フォルダーでは、2つのテーブルが作成され、取得テーブルのスキーマノードに緑色のCDCシンボルが表示されます。