Oracleデータウェアハウスに入力 - 7.2

Change Data Capture

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更

次のJavaシナリオでは、3つのコンポーネントのジョブを作成し、データウェアハウスの入力を行います。tOracleInputコンポーネントは、CLIENTテーブルに保存されたクライアントデータを読み取ります。tMapコンポーネントでは、このデータを変更できます。変更は、tOracleOutputコンポーネントを使用して、データベース内のLeadfactテーブルに送信されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。