手順 - 7.2

Change Data Capture

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > データキャプチャーの変更

手順

  1. コンポーネントtOracleInputtMap、およびtOracleOutput[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。
  2. [Row Main] (行メイン)リンクを使って、3つのコンポーネントを接続します。tMaptOracleOutputの間のリンクをクリックし、leadfactという名前を付けます。
  3. tOracleInputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、プロパティを定義します。
  4. [Property Type] (プロパティタイプ)[Repository] (リポジトリー)に設定し、クライアントに関する情報が保存されているTALENDデータベースへの接続を選択します。接続の詳細は、対応するフィールドに自動的に表示されます。
    注:

    [Repository] (リポジトリー)の[Metadata] (メタデータ)エントリーにDB接続の詳細を保存していない場合は、プロパティタイプリストで[Built-in] (組み込み)を選択し、接続の詳細を手動で設定します。

  5. [Schema] (スキーマ)[Repository] (リポジトリー)に設定し、[...]ボタンをクリックして、[Metadata] (メタデータ)フォルダーに保存されているCLIENTテーブルのスキーマを選択します。
    関連項目: 『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。
  6. [Table Name] (テーブル名)フィールドに、変更する情報が保存されているテーブルの名前(このサンプルではCLIENT)を入力します。
  7. [Guess Query] (クエリーの推測)をクリックして、テーブルからすべてのデータを取得します。
  8. tMapコンポーネントをダブルクリックして、[Map Editor] (マップエディター)を開きます。左側の入力エリアには、入力コンポーネントのメタデータが既に入力されています。
  9. 入力ゾーンのフィールドを、 出力ゾーンのleadfactテーブルのフィールドにドラッグします。データマッピングの詳細は、『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。
  10. [OK]をクリックして操作を検証します。
  11. デザインワークスペースでtOracleOutputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、プロパティを定義します。
  12. [Property Type] (プロパティタイプ)[Repository] (リポジトリー)に設定し、Data Warehouseへのcdc_data接続を選択します。接続の詳細は、対応するフィールドに自動的に表示されます。
    注:

    データウェアハウスの接続の詳細を[Repository] (リポジトリー)[Metadata] (メタデータ)フォルダーに保管していない場合は 、プロパティタイプリストで[Built-in] (組み込み)を選択し、接続の詳細を手動で設定します。

    関連項目: 『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。
  13. [Table Name] (テーブル名)フィールドに、変更データを入力しようとしているテーブルの名前(このサンプルではLEADFACT)を入力します。
  14. ジョブを保存し、[F6]を押して、Data Warehouse内にLEADFACTテーブルを作成し、入力します。