一時ファイルを削除する - 7.2

Chart

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Chart
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Chart
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Chart

このタスクについて

tPrejobおよびtPostjobコンポーネントは、接続されたサブジョブをトリガーするだけであり、定義する設定がないため、2つのtFileDeleteコンポーネントのプロパティを定義するだけで済みます。

手順

  1. 最初のtFileDelete コンポーネントをダブルクリックして、[基本設定] ビューを表示します。
  2. [ファイル名]フィールドに、一時入力ファイルへのパスを入力します。
    削除するファイルが存在しないなどのエラーが原因で前処理サブジョブが失敗したときに[エラー時に失敗]チェックボックスがオンになっていると、この失敗のためにメインサブジョブが起動できなくなります。この状況では、この中断を回避するため[エラー時に失敗]チェックボックスをオフにすることができます。
  3. 他のtFileDeleteコンポーネントにも同じファイルパスを指定します。