最初のサブルートを設定する - 7.2

Content Enricher (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > Content Enricherコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > Content Enricherコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > Content Enricherコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. URLlistコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Path] (パス)フィールドで、URLリストファイルが保存されているファイルパスを参照します。
    [FileName] (ファイル名)フィールドに、ファイル名URLlist.txtを入力します。
  3. cSplitterコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Language] (言語)リストで[None] (なし)を選択します。[Expression] (式)フィールドにコードbody(String.class).tokenize("\r\n")を入力して、各行のメッセージをサブメッセージに分割します。
    注:

    このコードはWindows専用です。Unixの場合はbody(String.class).tokenize("\n")、Macの場合はbody(String.class).tokenize("\r")に変更します。

  5. cJavaDSLProcessorコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Code] (コード)エリアにコード.log("splitterOutput: ${body}")を入力して、分割されたメッセージボディを取得します。
  7. cContentEnricherコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  8. プロデューサーを使って追加情報を提供し、定義されたURIにメッセージを送信するには、[using a producer] (プロデューサーを使用)を選択します。
    [Resource URI] (リソースURI)フィールドに、メッセージの配信先として"direct:fetchURL"を入力します。
  9. setFileNameコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  10. [+]をクリックして、[Headers] (ヘッダー)テーブルに行を追加します。
    [Name] (名前)フィールドにorg.apache.camel.Exchange.FILE_NAMEと入力して、各受信メッセージのファイル名を定義します。
    [Language] (言語)リストでSimpleを選択します。
    [Value] (値)フィールドに"${header.CamelHttpPath}"と入力して、受信メッセージのURIのパスを取得します。
  11. retrievedFilesコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  12. [Path] (パス)フィールドで、メッセージの保存先とする宛先ファイルパスを参照します。