ジョブの実行 - 7.2

Context

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Context components
データガバナンス > サードパーティーシステム > Context components
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Context components

手順

  1. [Ctrl ] + [S]を押してジョブを保存し、F6を押して、このユースケースで[Test] (テスト)されるデフォルトコンテキストを使用してジョブを実行します。
    読み取る区切りファイルを指定し、コンソールに設定されたコンテキストパラメーターを表示するかどうかを決定するダイアログボックスが表示されます。
    必要に応じてデフォルト以外のファイルを指定し、コンソールで設定したコンテキスト変数を表示しない場合は、 [Show loaded variables] (ロードされた変数の表示)チェックボックスをオフにします。デフォルト設定を使用してジョブを実行するには、[OK]をクリックします。
    [Test] (テスト)コンテキストのデータベーステーブルのコンテキストパラメーターとコンテンツはすべて、[Run] (実行)コンソールに表示されます。
  2. ここで[Production] (本番)コンテキストを選択し、[F6]を押してジョブをもう一度起動します。プロンプトダイアログボックスが表示されたら、[OK]をクリックし、デフォルトの設定を使用してジョブを実行します。
    [Production] (本番)コンテキストのデータベーステーブルの内容が、[Run] (実行)コンソールに表示されます。[printOperations]変数は[false]に設定されているため、今回設定されたコンテキストパラメーターはコンソールに表示されません。