コンポーネントを設定 - 7.2

ConvertBody (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > ConvertBodyコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > ConvertBodyコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 処理コンポーネント(メディエーション) > ConvertBodyコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. cFileコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Path] (パス)フィールドで、ソースXMLファイルへのパスを入力するか、または参照します。
    ソースファイルフォルダーに複数のファイルが含まれている場合は、対象のXMLファイルの名前をFileNameフィールドに入力し、他のパラメーターはそのままにします。
  3. cConvertBodyToコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Target Class Name] (ターゲットクラス名)フィールドにターゲットクラス名を入力します(このシナリオではorg.w3c.dom.Document.class)。
  5. cBeanRegisterコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. Idフィールドに"bean"と入力します。
    Simpleオプションを選択し、[Class Name] (クラス名)フィールドに呼び出すBeanの名前を入力します(このシナリオではbeans.PrintConvertToBean)。
  7. cBeanコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  8. [Reference] (参照)を選択し、Idフィールドに"bean"と入力して、cBeanRegisterによって登録されたBeanを呼び出します。
  9. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。