ユーザールーチンを呼び出すようtMapコンポーネントを設定 - 7.2

Data Integrationジョブの例

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン

始める前に

  • ユーザールーチンを作成済みであること。

手順

  1. tMapをダブルクリックしてマップエディターを開きます。
  2. [+]ボタンをクリックし、out1という名前の出力テーブルを追加します。
  3. [Schema editor] (スキーマエディター)ビューの右下(out1)で、[+]ボタンをクリックしてbyte型のpicture行を追加します。
  4. 出力側のpictureカラムにある[Expression] (式)フィールドに、MyRoutineDemo.ByteArrayFromFile(row1.filepath)と入力します。
  5. [OK]をクリックして変更を検証し、ポップアップ表示されるダイアログボックスで表示される伝播を受け入れます。