子ジョブの設定 - 7.2

Data Integrationジョブの例

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン

手順

  1. [Contexts] (コンテキスト)ビューで、次の3つの変数を追加し、値を未定義のままにします。
    • filename、文字列型
    • tablename、文字列型
    • directory、文字列型
  2. tFileInputDelimitedコンポーネント(ラベル付きInput_file)をダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、コンポーネントを次のように設定します:
    • スキーマエディタを開きカラム[data] (データ)を追加し、その型を[Dynamic] (動的)に設定します。
    • Fillファイルアクセス用に定義されたコンテキスト変数を使用して[File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドに入力します: context.directory+context.filename.
      ヒント: フィールド内をクリックし、[Ctrl] + [Shift]キーを押して、使用可能な変数のリストにアクセスします。
    • [Header] (ヘッダー)フィールドで、スキップするファイルの先頭の行数を指定します。

      このサンプルでは、各ファイルの最初の行がヘッダー行です。

    • その他の設定はデフォルトのままにします。
  3. tDBOutputコンポーネント(ラベル付きWrite_to_DB)をダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、コンポーネントを次のように設定します:
    • データベース接続の詳細(ホスト名またはIPアドレス、ポート番号、データベース名、認証認証情報など)を指定します。
    • このサンプルでは、テーブル名に定義されたコンテキスト変数context.tablename[Table] (テーブル)フィールドに入力します。
    • [Action on table] (アクションテーブル)リストから[Default] (デフォルト)を選択します。
    • [Action on data] (データの操作)リストから、[Insert] (挿入)を選択します。
    • [Sync columns] (カラムの同期) をクリックして、スキーマが入力コンポーネントと同じであることを確認します:dataという名前の1つのカラムに[Dynamic] (動的)と入力します。
    • 他のオプションはデフォルトのままにします。
  4. [Ctrl] + [S]キーを押してジョブを保存します。