参照検証ルールを使うためにコンポーネントを設定 - 7.2

Data Integrationジョブの例

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン

手順

  1. tMysqlInputコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)を開きます。
  2. [Property type] (プロパティタイプ)として[Repository] (リポジトリー)を選択し、フィールドの横にある[...]ボタンをクリックして、確認するメタデータに対応する接続プロパティを取得します。
  3. [Schema] (スキーマ)ドロップダウンリストから[Repository] (リポジトリー)を選択し、フィールドの横にある[...]ボタンをクリックして、データベーステーブルに対応するスキーマを取得します。
  4. [Table] (テーブル)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、確認するテーブルを選択します。
  5. [Guess Query] (クエリーの推測)をクリックし、テーブルスキーマに対応するクエリーを自動的に取得します。
  6. tMysqlOutputコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)を開きます。
  7. [Property type] (プロパティタイプ)として[Repository] (リポジトリー)を選択し、フィールドの横にある[...]ボタンをクリックして、新規データをロードするデータベーステーブルに対応する接続プロパティを取得します。
  8. [Table] (テーブル)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、データをロードするテーブルを選択します。
  9. [Action on table] (テーブル操作)リストで、[Default] (デフォルト)を選択し、[Action on data] (データ操作)リストで、ジョブで適用する検証ルール内に定義されている操作を選択します。ここでは、使用する参照検証ルールとして[On insert] (挿入時)[On update] (更新時)を選択したため、このルールをトリガーするために[Update or insert] (更新または挿入)を選択します。
  10. 入力コンポーネントと出力コンポーネントのスキーマが自動的に同期しなかった場合、[Sync columns] (カラムの同期)をクリックすると、入力フローのスキーマが自動的に取得されます。