ジョブをDockerイメージとして公開する - 7.2

Data Integrationジョブの例

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン

Dockerは、コンテナーを使用してアプリケーションの作成、デプロイ、実行を容易にするために設計されたツールです。ジョブをDockerイメージとして公開するには、以下のステップに従ってください。

手順

  1. Talend Studioを開いて次のようなシンプルな標準ジョブを作成し、正しく実行されるようにします。
  2. リポジトリーツリービューでジョブを右クリックし、コンテキストメニューから[Publish] (公開)を選択します。
  3. [Export Type] (エクスポートタイプ)[Docker Image] (Dockerイメージ)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  4. Dockerホストとして[Local] (ローカル)を選択し、Dockerレジストリーの認証情報と共に以下の詳細を入力します。
    • [Image name] (イメージ名): Dockerイメージの名前。Dockerレジストリー内に同じ名前でリポジトリーが作成されます。
    • [Image tag] (イメージタグ): Dockerイメージにタグ付けする値。デフォルトでは、ジョブのバージョンがタグ値となります。
    • [Registry] (レジストリー): Docker IDを伴うDockerレジストリーURLが与えられます。Docker Hubの場合は、hub.docker.com/dockerIdとなります。
    • [Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード): Dockerレジストリーへの接続に使用する認証情報。
  5. Dockerレジストリーアカウントにログインし、リポジトリータブの下に移動します。
    作成したジョブが含まれたDockerイメージが確認できます。