ステップ2: 出力ストリーム機能を有効にするコマンドを設定する - 7.2

Data Integrationジョブの例

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン

ここでは、tJavaを使って、出力ファイルと、そのファイルを含むディレクトリーを作成するコマンドを設定します。

手順

  1. tJavaコンポーネントをデザインワークスペースにドロップしてダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開いて、プロパティを設定します。
  2. [Code] (コード)エリアに次のコマンドを入力します。
    new java.io.File("C:/myFolder").mkdirs(); 
    globalMap.put("out_file",new java.io.FileOutputStream("C:/myFolder/customerselection.txt",false));
    注:

    このステップで入力したコマンドにより、出力ファイルcustomerselection.txtを保存するための新規ディレクトリーC:/myFolderが作成されます。実際の状況に応じて、コマンドをカスタマイズできます。

  3. [Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok]接続を使って、tJavatFileInputDelimitedを接続します。
    tJavaが実行に成功すると、tFileInputDelimitedで始まるサブジョブがトリガーされます。