データをデータベーステーブルに動的にロードするダイナミックスキーマの使用 - 7.2

Data Integrationジョブの例

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン
このサンプルでは、ダイナミックスキーマ機能を活用してデータを動的にロードする方法について説明します。
警告: このドキュメントは、サブスクリプションベースのTalend Studioを使用している場合にのみ関連します。

次の3つのフラットファイルの内容は、それぞれ[customer] (顧客)[employee] (従業員)および[delivery] (配送)という名前のMySQLデータベーステーブルにロードされます:

  • customer_detaials.csv:
    first_name;last_name;order_date
    Reita;Leto;2012-05-15
    Larae;Gudroe;2011-08-07
    Clay;Hoa;2014-04-16
    Irma;Wolfgramm;2012-09-10
    Sylvia;Cousey;2013-02-25
  • employee_details.csv:
    id;name;gender;email;department;order_date
    1;Sage;Male;sage_wieser@cox.net;R&D;2012-05-15
    2;Kris;Female;kris@gmail.com;Test;2011-08-07
    3;Abel;Male;amaclead@gmail.com;HR;2014-04-16
    4;Mattie;Female;mattie@aol.com;Test;2012-09-10
    5;Bernardo;Female;bfigeroa@aol.com;Marketing;2013-02-25
  • delivery_details.csv:
    Name;Datetime
    Reita;2012-02-11 15:30:32
    Larae;2015-08-28 09:30:32

このサンプルでは、2つのジョブがもう一方を呼び出します: 親ジョブは、ファイル名をデータベース内のテーブル名にマッピングし、子ジョブはファイルからデータを読み取り、対応するデータベーステーブルにデータを書き込みます。