Talend Data Stewardship監査イベントのジェネリックプロパティ - 7.2

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Stewardship
Content
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
Talend Data Stewardshipの監査機能を有効にすると、ログサービスプラットフォームにアクセスし、監査イベントを確認できるようになります。

監査イベントの情報はイベントのタイプに応じて異なります。

新しいデータモデルが正しく作成された時の監査イベントのジェネリックプロパティをこのテーブルにリスト表示します。

ジェネリックプロパティ

説明

application

監査イベントを記録するアプリケーションの名前。

category

監査イベントが属するカテゴリー(セキュリティまたはアクティビティ)。

customInfo.operation

監査イベントのオペレーション名。

customInfo.resource

オペレーションが実行されるリソース(データモデル、キャンペーン、またはタスクなど)。

customInfo.result

監査イベントのオペレーションの結果。

customInfo.itemNamespace

すべてのスキーマサービスAPIのデフォルトネームスペース。

customInfo.itemName

新しいデータモデルの識別子。

customInfo.itemLable

新しいデータモデルの名前。

customInfo.userId

監査イベントのユーザー名。

service

サービスプロバイダーの名前。

message

監査イベントのオペレーションの結果。