タスクの読み取りと次のコンポーネントへのフィールドの送信 - 7.2

Data Stewardship

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Stewardship
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント

tFileInputDelimitedコンポーネントを構成して入力ファイルからタスクを読み取ります。

  • 最初はArbitration (アービトレーション)キャンペーン、つまりBeta Candidates (ベータ候補)に書き込まれるベータテスティングプログラムの候補者のレコードが含まれます。

  • 2番目はResolution (レゾリューション)キャンペーン、つまりProduct Catalog (製品カタログ)に書き込まれる企業製品ラインのレコードが含まれます。

  • 3番目はGrouping (グルーピング)キャンペーン、つまりDuplicate customers (重複する顧客)に書き込まれる重複する顧客データレコードが含まれます。

手順

  1. tFileInputDelimitedの各コンポーネントをダブルクリックして、[Basic setting] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit Schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、入力ファイル構造に対応するスキーマを定義できます。
    tFileInputDelimitedコンポーネントに以下のカラムグループを追加します:
    • アービトレーションおよびグルーピングタスク: IdFirst_NameLast_NameGenderAgeOccupationCompanyAddressCityStateZipPhoneEmail

    • レゾリューションタスク: IdNameMaterialSizePriceQuantityFamilyPackaging

  3. 各ダイアログボックスで[OK]をクリックし、プロンプトが表示されたら変更を反映させます。
    ジョブのtDataStewardshipTaskOutputの各コンポーネントは対応するtFileInputDelimitedからスキーマを継承しています。
  4. 対応するフィールド、ヘッダーおよびフッターに行とフィールドの区切りを設定します(該当する場合)。