キャンペーンIDを使ってキャンペーンを動的に入力する - 7.2

Data Stewardship

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Data Stewardship
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データスチュワードシップコンポーネント

このジョブは、キャンペーンの技術名を使ってTalend Data Stewardshipで定義したキャンペーンにタスクをロードします。コンテキストパラメーターは、ランタイムに技術名をコンテキスト変数としてジョブにパスするために使われます。

データを検証してTalend Data Stewardshipインスタンス上の本番キャンペーン内にプッシュする前に、さまざまなテストとレビューのステージを経なければならないとします。最初に、データを実験的なキャンペーンとQAキャンペーンにプッシュして、すべてが想定どおりに機能していることを確認する必要があります。

このジョブは、キャンペーンIDをコンテキスト変数として使い、データを同じインスタンス上の別々のキャンペーンにプッシュする方法を示します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオは、サブスクリプションベースのTalend製品にのみ適用されます。