入力コンポーネントを設定 - 7.2

Delimited

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き

手順

  1. tFileInputDelimitedをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。入力ファイルをローカルで定義したので、すべてのプロパティフィールドが自動的に入力されます。
  2. 入力ファイルを[Repository] (リポジトリー)ツリービュー内でローカルに定義しない場合は、[Property type] (プロパティタイプ)リストで[Built-in] (組み込み)を選択した後で、詳細を手動で入力します。
  3. [File Name] (ファイル名)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、入力ファイル(この例ではcustomer.csv)に移動します。
    警告:

    ファイルのパスにアクセント記号付きの文字が含まれていると、ジョブの実行時にエラーメッセージが表示されます。

  4. [Row Separators] (行区切り記号)フィールドと[Field Separators] (フィールド区切り記号)フィールドに、行とフィールドの区切り記号としてそれぞれ\n;を入力します。
  5. 必要に応じて、ヘッダーとして使う行数とフッターとして使う行数を対応するフィールドに設定し、処理される行数の制限を設定します。
    この例では、[Header] (ヘッダー)は6に設定され、[Footer] (フッター)[Limit] (制限)は設定されていません。
  6. この例では入力ファイルをローカルに保存しているため、[Schema] (スキーマ)フィールドでスキーマは自動的に[Repository] (リポジトリー)に設定され、スキーマは既に定義されています。それ以外の場合は、[Built-in] (組み込み)を選択して、[Edit Schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして、入力スキーマを定義できる[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開き、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。