コンポーネントをドロップしてリンク - 7.2

Delimited

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、 [Metadata] (メタデータ)[File delimited] (区切り記号付きファイル)を続けて展開し、入力スキーマ、customersを参照して、デザインワークスペースにドロップします。ダイアログボックスが表示され、使うコンポーネントタイプを選択できます。
  2. tFileInputDelimitedをクリックし、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。入力スキーマの名前を保持するtFileInputDelimitedコンポーネントがデザインワークスペースに表示されます。
  3. tMapコンポーネントとtFileOutputDelimitedコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。
  4. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用してコンポーネントをリンクします。