区切りファイルにデータを書き込む - 7.2

Delimited

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き

このシナリオでは、クライアント、 customersに関する情報を保持するファイルから特定のデータを抽出し、抽出されたデータを区切られたファイルに書き込む3つのコンポーネントのジョブについて説明します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

次の例では、入力ツリーが[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)ノードに保管済みです。リポジトリーにスキーマメタデータを保管する方法の詳細は、『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。