同じJVM内の直接および同期メッセージング - 7.2

Direct (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > 直接コンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > 直接コンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > 直接コンポーネント(メディエーション)

このシナリオは、Talend Open Studio for ESB、Talend ESB、Talend Data Services Platform、Talend MDM Platform、Talend Real Time Big Data Platform、Talend Data Fabricのみに適用されます。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talend Mediationコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、ダイレクトVMメカニズムを使って、メッセージ交換が1つのサブルートでトリガーされ、別のサブルートで同期的に消費されます。コンシューマー側では、メッセージのコンテンツが処理され、コンソールに表示されます。