ルートを実行 - 7.2

Direct (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > 直接コンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > 直接コンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > 直接コンポーネント(メディエーション)

[Run] (実行)ビューをクリックし、[Run] (実行)ボタンをクリックしてルートを開始します。[F6]を押して実行することもできます。

結果: 最初のサブルートで生成されたメッセージは、コンシューマーエンドポイントで同期的に消費され、処理後にコンソールに表示されます。メッセージ交換は、設定どおりに1回トリガーされます。