入力コンポーネントを設定 - 7.2

ELT Teradata

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Teradataコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Teradataコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT Teradataコンポーネント

手順

  1. 最初のtELTOracleInputコンポーネントを選択して、[Basic settings] (基本設定)タブを表示します。
  2. [Default Table Name] (デフォルトテーブル名)フィールドに"PreferredSubject"と入力します。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]をクリックして、スキーマエディターで入力テーブルPreferredSubjectのスキーマを定義します。
  4. [+]をクリックして4つのカラムを追加します:
    • DBタイプがINTEGERに設定されたSeqID
    • DBタイプがVARCHARに設定されたStuNameSubjectDetail
    [OK]をクリックしてこれらの変更を検証し、スキーマエディターを閉じます。
  5. [Link] (リンク) > PreferredSubject(Table)を使って、最初のtELTOracleInputコンポーネントを2番目のtELTOracleMapコンポーネントに接続します。
  6. 2番目のtELTOracleInputコンポーネントを選択して、[Basic settings](基本設定)タブを表示します。
  7. [Default Table Name] (デフォルトテーブル名)フィールドに"CourseScore"と入力します。
  8. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]をクリックして、スキーマエディターで入力テーブルCourseScoreのスキーマを定義します。
  9. [+]ボタンをクリックして6つのカラムを追加します:
    • DBタイプがINTEGERに設定されたSeqIDScore
    • DBタイプがVARCHARに設定されたStuNameSubjectCourseDetail
    [OK]をクリックしてこれらの変更を検証し、スキーマエディターを閉じます。
  10. [Link] (リンク) > CourseScore(Table)を使って、2番目のtELTOracleInputコンポーネントを最初の tELTOracleMapコンポーネントに接続します。