InOut交換パターンを有効にして応答を取得 - 7.2

Exchange (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > Exchangeコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > Exchangeコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > Exchangeコンポーネント(メディエーション)

このシナリオは、Talend Open Studio for ESB、Talend ESB、Talend Data Services Platform、Talend MDM Platform、Talend Real Time Big Data Platform、Talend Data Fabricのみに適用されます。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talend Mediationコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、cExchangePatternコンポーネントを使って、ルートのリクエスト/応答交換パターンを有効にして、クライアントがサーバーから応答を受け取ることができるようにします。

サーバー側にリクエストを送信するにはsoapUIが必要であり、その設定は次のコンテンツで説明します。

ルートをビルドするには、次の手順を実行します。