tGoogleAddressRow標準プロパティ - 7.2

Google address standardization

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Googleアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Googleアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Googleアドレス標準化コンポーネント

これらのプロパティを使って、標準ジョブフレームワークで実行されているtGoogleAddressRowを設定します。

標準tGoogleAddressRowコンポーネントはデータクオリティファミリーのコンポーネントです。

このコンポーネントは、Talend Data Management PlatformTalend Big Data PlatformTalend Real Time Big Data PlatformTalend Data Services PlatformTalend MDM PlatformおよびTalend Data Fabricで使用できます。

基本設定

Pause(in 1/10 seconds) (一時停止(1/10秒単位))

地理情報レコードへのhttpリクエスト間のタイムブレーク。このフィールドのデフォルト値は1です。

[Schema] (スキーマ)および[Edit Schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは[Built-in] (組み込み)か、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保存されます。

Address column (アドレスカラム)

Google Places APIへのリクエスト送信に使用するパラメーターをこのリストから選択します。このリストのパラメーターは入力データのスキーマで事前定義されています。

API key (APIキー)

このフィールドにAPIキーを入力します。

APIキーの取得方法については、https://developers.google.com/places/web-service/get-api-keyを参照してください。

注: 5.6以前の旧リリースから移行したジョブには、実行するキーが必要です。ジョブを実行する前にキーを生成し、tGoogleAddressRowの基本設定で設定を行ってください。

このコンポーネントは現在、Google Places APIには使用できますが、5.6よりも古いリリースの場合と同様、Google Geocoding APIには使用できません。その結果、移行されたジョブを現在のStudioで実行すると、古いStudioとは異なる地域情報が表示されます。たとえば、Location_typeカラムでは、旧リリースだとROOFTOPを出力しますが、現リリースではstreet_addressを出力します。ロケーションタイプのリストは[Place Types] (場所のタイプ)に表示されます。

Die on error (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスは、デフォルトで選択されています。

エラーの発生した行をスキップし、エラーが発生していない行の処理を完了するには、このチェックボックスをオフにします。エラーをスキップしたら、[Row] (行)> [Reject] (リジェクト)リンクを使用してエラーの発生した行を収集できます。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは通常、中間コンポーネントとして使用されます。入力コンポーネントと出力コンポーネントが必要です。