tGSBucketCreate標準プロパティ - 7.2

GS

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtGSBucketCreateを設定するために使います。

Standard tGSBucketCreateコンポーネントはビッグデータファミリーとCloudファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用するには、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)で該当する接続コンポーネントをクリックします。

[Access key] (アクセスキー)および[Secret key] (シークレットキー)

Googleクラウドストレージに対してリクエストする、Googleから取得した認証情報を入力します。

これらのキーはGoogleAPIコンソールから、プロジェクトの[Google Cloud Storage] (Goolgleクラウドストレージ)タブの[Interoperable Access] (相互運用可能アクセス)タブビューで確認できます。

シークレットキーを入力するには、シークレットキーフィールドの横の[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにシークレットキーを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

アクセスキーとシークレットキーの詳細は、https://developers.google.com/storage/docs/reference/v1/getting-startedv1?hl=en/にアクセスし、開発者キーについての説明を参照してください。

[Access key] (アクセスキー)および[Secret key] (シークレットキー)フィールドは、[Use an existing connection] (既存の接続を使用)を選択しない場合にのみ使用できます。

[Bucket name] (バケット名)

作成するバケットの名前を指定します。バケット名は、Google Cloud Storageシステム全体で一意である必要があります。

バケットの命名規則の詳細は、https://developers.google.com/storage/docs/bucketnaming参照してください。

[Special configure] (特別な設定)

作成するバケットの追加設定を提供するには、このチェックボックスをオンにします。

[Project ID] (プロジェクトID)

新しいバケットが属するプロジェクトIDを指定します。

[Location] (ロケーション)

新しいバケットが作成される場所をリストから選択します。現在、[Europe] (ヨーロッパ)[US] (米国)が利用可能です。デフォルトでは、バケットの場所は[US] (米国)です。

バケットを特定の場所に作成すると、別の場所に移動することはできません。

Acl

新しいバケットに必要なアクセス制御リスト(ACL)をリストから選択します。

バケットのACLによって、ユーザーからのアクセス要求が許可されたり拒否されたりします。新しいバケットに事前定義されたACLを指定しない場合は、事前定義されたプロジェクトプライベートACLが適用されます。

ACLの詳細は、https://developers.google.com/storage/docs/accesscontrol?hl=en参照してください 。

[Die on error] (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスをオンにすると、エラー時に行をスキップし、エラーの発生していない行の処理が完了されます。デフォルトでは選択されていません。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントをtGSBucketListコンポーネントと共に使って、新しいバケットが正しく作成されたかどうかを確認できます。