3つのバケットでの全ファイルのリスト表示 - 7.2

GS

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS

手順

  1. tGSListコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブに[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにし、あらかじめ設定しておいた接続を選択します。
  3. [List objects in bucket list] (バケットリストにオブジェクトをリスト表示)チェックボックスをオンにします。[Bucket] (バケット)テーブルの[Bucket name] (バケット名)カラムに3つのバケットの名前、bighousestudy_room、およびbed_roomを入力します。
  4. tIterateToFlowコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブに[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、tLogRowに渡すデータを定義します。
    この例では、2つのカラム、bucketNamekeyを追加し、型を[Object] (オブジェクト)に設定します。
  6. [Mapping] (マッピング)テーブルに、定義したカラムが自動的に入力されます。
    [Value] (値)カラムで、bucketNameカラムにはglobalMap.get("tGSList_2_CURRENT_BUCKET")keyカラムにはglobalMap.get("tGSList_2_CURRENT_KEY")と入力します。また、Ctrl + Spaceを押したまま、適切な変数を選択することもできます。
  7. tLogRowコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブに[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  8. [Table (print values in cells of a table)] (テーブル(テーブルのセルの値を印刷))をオンにして、結果を見やすくします。