ジョブを保存して実行 - 7.2

GS

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > GS

手順

  1. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。
  2. [F6]キーを押すか、[Run] (実行)タブの[Run] (実行)をクリックしてジョブを実行します。
    3つのバケットのファイルが表示されます。まず、バケットbighouseのファイルがバケットbed_roomにコピーされ、次にバケットbighouseのファイルcomputer_01.txtがバケットstudy_roomに移動されてlaptop.txtに名前変更され、最後にファイルcomputer_03.csvがバケットbed_roomから削除されます。