入力コンポーネントを設定 - 7.2

Identification

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 識別コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 識別コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 識別コンポーネント

手順

  1. [tFileInputDelimitedコンポーネント]ビューで、[File Name] (ファイル名)パスとすべての関連プロパティを設定します。ただし、これらが[Repository] (リポジトリー)で保存されていない場合に限ります。
  2. スキーマがまだ[Repository] (リポジトリー)で保存されていない場合、[Edit Schema] (スキーマを編集)ボタンでスキーマを作成します。必ずデータ型カラムを設定してください。入力する日付パターンの詳細は、 http://docs.oracle.com/javase/6/docs/api/index.html を参照してください。