tAddCRCRowコンポーネントの設定 - 7.2

Identification

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 識別コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 識別コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 識別コンポーネント

手順

  1. [tAddCRCRowコンポーネント]ビューで、CRCの計算に使用する入力フローカラムのチェックボックスをオンにします。
    CRCカラム(読み取り専用)がスキーマ末尾に追加されている点に留意してください。
  2. [CRC Type] (CRCタイプ)[CRC32]を選択して、長くなった代理キーを取得します。
  3. tLogRow[Basic settings] (基本設定)ビューで[Print values in cells of a table] (テーブルのセルに値を出力する)オプションを選択して、コンソールのテーブルに出力データを表示します。