データ入力の設定 - 7.2

Identification

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 識別コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 識別コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 識別コンポーネント

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、コンポーネントプロパティを定義します。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開きます。
  3. 内部変数から作成する入力スキーマに必要な行数を追加するには、プラスボタンをクリックします。
    このサンプルでは、スキーマは生年月日郵便番号の4つの列で構成されています。
    [OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。
  4. [Mode] (モード)領域で[Use Inline Table] (ラインテーブルを使用する)オプションをオンにします。
    [Values] (値)テーブルが[Use Inline] (インラインを使用)として表示されます。
  5. プラスボタンをクリックして必要な数の行を追加し、各行をクリックして4つの列の入力データを定義します。