systemdによるApache KafkaとZookeeperの実行 - 7.2

Linux 版 Talend ESB インストールガイド

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend ESB
Module
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
systemdを使って、Apache KafkaとZookeeperのサービスの開始、停止、ステータスの監視を行います。

手順

  • 次のコマンドを使ってサービスを開始します。
    sudo systemctl start talend-zookeeper
    sudo systemctl start talend-kafka
    注: Kafkaサービスの前にZookeeperサービスを開始します。
  • 次のコマンドを使ってサービスを停止します。
    sudo systemctl stop talend-zookeeper
    sudo systemctl stop talend-kafka
  • 次のコマンドを使用して、サービスのステータスを確認します。
    sudo systemctl status talend-zookeeper
    sudo systemctl status talend-kafka
  • ロギング情報の確認には、 journalctl コマンドを使って接続します。
    例:
    • サービスジャーナルエントリをリスト表示するには:
      sudo journalctl --unit talend-zookeeper
      sudo journalctl --unit talend-kafka
    • 特定の日付以降のサービスジャーナルエントリをリスト表示するには:
      sudo journalctl --unit talend-zookeeper --since "2018-08-17 13:15:17"
      sudo journalctl --unit talend-kafka --since "2018-08-17 13:15:17"