JIRAアプリケーションで問題を更新するジョブを実行する - 7.2

JIRA

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > JIRA
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > JIRA
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > JIRA

手順

  1. Ctrl + Sキーを押してジョブを保存します。
  2. [F6]を押してジョブを実行します。
  3. 生成されたJSONファイルissue_info_update.jsonを開きます。

    抽出されたすべての問題情報は、生成されたJSONファイルの1行に表示されます。また、エディターツールを使って、結果をより適切に表示するために、組織的な方法でデータをフォーマットおよびインデントできます。

    上記のように、キーDOC-2の問題が更新され、問題に必要な情報が正しく抽出され、JSONファイルに書き込まれました。