JIRAアプリケーションで問題を作成するためにジョブを設定する - 7.2

JIRA

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > JIRA
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > JIRA
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > JIRA

始める前に

キーDOCを含むプロジェクトがJIRAアプリケーションで作成済みです。また、キーDOC-1を含む1 つの問題のみがこのプロジェクトで作成済みです。

手順

  1. 新しいジョブを作成し、そのジョブにtFileInputDelimitedコンポーネント、tJIRAOutputコンポーネント、tJIRAInputコンポーネント、tExtractJSONFieldsコンポーネント、tFileOutputJSONコンポーネントを追加します。
  2. tJIRAOutputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  3. [JIRA resource] (JIRAリソース)ドロップダウンリストからIssue[Output Action] (出力アクション)ドロップダウンリストからInsertを選択して、問題を挿入します。
  4. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、tFileInputDelimitedコンポーネントをtJIRAOutputコンポーネントにリンクします。ポップアップダイアログボックスで[Yes] (はい)をクリックして、tFileInputDelimitedコンポーネントがtJIRAOutputコンポーネントのスキーマを取得するようにします。
  5. 同じようにして、tJIRAInputコンポーネントをtExtractJSONFieldsコンポーネントに、tExtractJSONFieldsコンポーネントをtFileOutputJSONコンポーネントにリンクし ます。
  6. [Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)接続を使って、tFileInputDelimitedコンポーネントをtJIRAInputコンポーネントにリンクします。