JIRAアプリケーションで問題を更新する - 7.2

JIRA

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > JIRA
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > JIRA
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > JIRA

手順

  1. tFileInputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドで、問題の更新に使うJSONファイルへのパスを指定します。

    この例では、単純なJSONファイルD:/JiraComponents/issue_update.jsonを使って、DOCプロジェクトの下にあるキーDOC-2で既存の問題を更新します。このファイルのデータは次のようになります。

    DOC-2;
    {"fields": {
        "description": "Update an issue under the DOC project",
        "summary": "Add the documentation for new components tJIRAInput and tJIRAOutput"
    }}

    tJIRAOutputコンポーネントは現在、JIRAアプリケーションで単一行のJSONファイルを使ってプロジェクト/問題を更新する操作のみをサポートします。そのため、ジョブを実行する前に、入力JSONファイルのすべての行を1行に結合する必要があります。

  3. tJIRAOutputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Host URL] (ホストURL)[User Id] (ユーザーID)[Password] (パスワード)フィールドで、JIRAアプリケーションへのアクセスに必要なユーザー認証情報を指定します。