コンポーネントを設定 - 7.2

JMS (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. cMQConnectionFactoryコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [MQ Server] (MQサーバー)リストからMQサーバーを選択します。このユースケースでは、デフォルトのActiveMQサーバーを使ってメッセージを処理します。
    [Broker URI] (ブローカーURI)フィールドにメッセージブローカーのURIを入力します。ここでは、デフォルトのURI "vm://localhost?broker.persistent=false"を使います。
  3. メッセージプロデューサーのサブルートでcFileコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. cFileコンポーネントのプロパティを定義します。
    このユースケースでは、電子メッセージとして送信されるソースファイルを保持するフォルダーへのパスを指定し、その他のパラメーターはそのままにします。
  5. Message_producerという名前のcJMSコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Type] (タイプ)リストから、JMSキューにメッセージを送信するための[queue] (キュー)を選択します。
    [Destination] (デスティネーション)フィールドにJMSキューの名前を入力します。この場合は "queue.hello"です。
    ConnectionFactoryの横にある[...]ボタンをダブルクリックします。ダイアログボックスで設定したばかりのMQ接続ファクトリーを選択し、[OK]をクリックします。
  7. メッセージコンシューマーサブルートに切り替え、Message_consumerという名前のcJMSコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  8. メッセージプロデューサーとまったく同じパラメーターを使って、メッセージコンシューマーを設定します。
  9. cProcessorコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  10. [Code] (コード)エリアで下に示すようにコードをカスタマイズして、消費されたメッセージのファイル名を[Run] (実行)コンソールに表示します。
    System.out.println("Message consumed: "+
    exchange.getIn().getHeader("CamelFileName"));
  11. [Ctrl] + [S]を押してルートを保存します。