コンポーネントをドロップしリンクさせる - 7.2

JMS (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. [Palette] (パレット)から[Connectivity/Messaging] (接続性/メッセージング)フォルダーを展開し、cMQConnectionFactoryコンポーネントをデザインワークスペースにドロップして、メッセージを処理するためのJMS接続ファクトリーを指定します。
  2. [Connectivity] (接続性)フォルダーから、1つのcFileコンポーネントと2つのcJMSコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。
  3. [Custom] (カスタム)フォルダーから、cProcessorコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。
  4. メッセージプロデューサーサブルートとして[Row] (行) > [Route] (ルート)接続を使い、cFileコンポーネントをcJMSコンポーネントに接続します。
  5. メッセージコンシューマーサブルートとして[Row] (行) > [Route] (ルート)接続を使い、もう1つのcJMSコンポーネントをcProcessorコンポーネントに接続します。
  6. コンポーネントに、それぞれの機能がわかるように適切な名前を付けます。