ルートを実行する - 7.2

JMS (メディエーション)

Version
7.2
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > JMSコンポーネント(メディエーション)

手順

[Run] (実行)ビューで[Run] (実行)ボタンをクリックして、ルートの実行を開始します。[F6]を押して実行することもできます。
結果:"hello world!"メッセージがテストされ、ロールバックトランザクションが実行されます。メッセージの再配信の試行が6回を超えると、保留中のメッセージがDead Letter JMSキューに送信されます。